封印解除。

がりすん、やってみました。
以前、七結節のキープスとやら、わけのわからん、アイテムをゲットして、処分に困っていましたので。。。
とりあえず、ウィン国民だけの参加ですので、一人で特攻しようと思ったら、LSの白さんと黒さんが慌ててかけつけてくれました。

白「黒さん、いそいでサルタへいくよ。
黒「どしたの?
白「Kyaoさんの死体みれるよ?!
黒「すぐいく!

そんな二人はおいらの下僕として、可愛がっています。
うらまれてなんかいないはずです。。。(ノ-_-)ノ ~┻━┻

で、二人を拉致しつつ、いざ、ガリスン発動!
ふむふむ、レベル20制限されるね。
(装備、ありません)
へー、敵さん、2対でてくるのか。
(あわててララバイかけます)
なるほど、NPCがでてくるのね。
(ララバイしたのに、たたきます;;)

くしくも、がんばって倒せました。
そしたら、喜びもつかの間、、、また2体登場です。
MPなんかありません。
とっとと死にます(--;

その後、白さんが、情報収集。
どうやら、ウィン国民以外も参加可能とのことです。
キープスをトレードする人以外の国はどうでもよかったようです。
しかも戦利品に、ランペール戦記をもらえる模様。
うーん、今度はちゃんと作戦たてて、まじめに取り組みたいのぉ。

ん? どのくらいまじめじゃなかったって?
黒さんのサポが、シーフだったんです。
しかも、3人とも、武器なくて、素手で殴って、かつ、裸でした。
そりゃ、負けますw
ただ、BCとも違ったおもしろさがあって、またやりたいです。
ちなみに経験値は減らなかったので、皆様もお試しあれです


で、、久しぶりの黒あげです。
(現在黒52。ちなみに52になってから、半年くらいたってますw)

以前から、モグハウスの収納家具のなかには、ほこりにまみれきった、ウィザードグローブなんてものがありまして。
どうにかせんとなぁ、と思いつつ、放置してました(てへ)

モーグリの冷たい視線にも負けずに、詩人上げをと思いましたが、前衛さんがいなくて、断念。。。
そのままLSのお師匠様とあおぐお嬢さんと一緒に、黒上げです。
クフタルのかにさんをおいしくたいらげます。

出発前に、
クフタルってどうやっていくんですか?
なんて聞いたのは秘密です。

で、まぁ、気づいたら、レベル53になって、最後は54に。。。
あわてて故郷の ギデアス ウィンダスにもどりまして、ほこりにまみれたウィザードグローブを取り出します。
カビなんてはえていたら、と心配しましたが、モーグリが、ちゃんと手入れしていてくれたようです。

なにはともあれ、、、黒って、おもしろかったんですね。
また詩人とシーフと平行でまったりとあげたいと思います^^

本日のおち:SSとるのまた忘れました。。。
[PR]
by kyaokyawo | 2004-05-05 04:40 | FFXI
<< 牧場物語。 めがねまで、3分の1! >>