けちけち、エロヴァーン。

うわ、なんか、昨日の訪問者数がすごいことになっていた(--;
気が付けば、1000人超え。
皆様のおかげです。ありがとうございます。
これからものらりくらりと更新するので、生暖かく見守っていてください。/bow

ご挨拶はここまでとして、昨日3日の予定。
昼過ぎにログインしたら、おサボリーズが4人(自分含み)。

①「中の人などいません。
②「中の人は別人です。
③「仕事したよ、すぐ帰ってきたけどw
④「後ろに人などいません。

……三者三様ですな……(’’;
ちなみにおいらが言った言葉は何番でしょう?
正解者には拍手!

そんなわけで、平日昼間にログインするなんてめったにないわけです。
やること模索しようと思ったのですが、相方ヒュム兄さんがオズ城にとっとと旅だってしまっているため、泣く泣く一人でジュノでほうけています。

 合成? 素材狩り? お金稼ぎ? レベル上げ? 獣上げ?

色々と考えたすえに、詩人になって、カザム行きの飛空挺内。
途中、下僕のちょっぱー(仮名)さんに会ったので、しばいておきました。

何を思ったのか、短剣もって、ユタンガ大森林にてとかげと戯れスタート。
最初リンクして、ぎりぎりだったのですが、倒せないことはないと思いまして、そのまま続行。
ノーグへの道行で、これ以上ないくらいに迷いまくったので、道は問題ありません。
しかーし、現実はそう甘くなく、再度見つけたトカゲさんがまた仲良くリンクしてくださいやがりまして、泣く泣く、達ララぶっかけて、呪符デジョン発動。
やったー、呪符デジョン使えた~♪
(獣で使うために、とったんじゃないのか、自分)

トカゲ=テレポヨトのクエストつながりということもあり、今度はテレポヴァズのクエストクリアを目指します。
フェ・インへ行くというので、ちょうどいいやとばかりに、デジョンIIのクエストも消費。
あまりに鍵を出してくれない、エロヴァーンさんだったものなので、途中から、下僕のちょっぱーさんに当り散らします。
そんなこんなで、途中我がLSの偉大なる廃人の一人である、Gさんが合流なさって、戦士・赤・黒・白・黒という編成で、何故か5連携を楽しむようになりました。

無事、鍵はゲットしたのですが、宝箱が見当たらず。
本当にここに宝箱なんてあるのかよー、とやさぐれても、当り散らす相手もおらず……
仕方なく、そのままログアウトして、不貞寝しましたとさ。/angry
[PR]
by kyaokyawo | 2004-06-04 16:18 | FFXI
<< もはや何もいうまいて。 なんとなく、ハリハリ。~ジョブ... >>