懺悔。

 金曜日の夜こと。
 シーフにめざめた一人のタルタルが、無理やり仲間をつのって、熱帯の森林にはせ参じました。
 各々の力量を上げるべくあつまった、二人の忍者、三人の赤魔導士、そしてシーフ。
 アウトポストを脅かす獣人ゴブリンを討伐しはじめたが、戦闘場所の不足ぶりに同じ獣人のサハギンへと目を向ける。(※1)
 海蛇の岩屋と呼ばれる、未開の地を前にし、彼らは戦いにはせ参じた。
 彼らのねらいは獣人であったはずが、なぜか、魚がその行く手を阻む。(※2)
 辛くも勝利しつつ、獣人へとその刃を向けるが、魔法生命体のエレメンタルに、返り討ちとなる。(※3)
 尊い犠牲を出しながら、それでも彼らは戦い、順調に力量を上げるもの、そのままのものがいつつ、最後はサルの逆襲にあい、あえなく解散となった……。

 そして、数時間後、再びジュノへと戻ったシーフのタルタルは、一人教会に祈りをささげる。
 その心中は、誰にもわからない。

a0016636_1682.jpg


※1
 おちゅ-がいて、とても怖くて、満足に狩りができずに、海蛇に移動。
※2
 海蛇前の洞窟でやるも、ちょいとレベルがたりないのか、魚さんに大苦戦(T▽T)
※3
 途中、別の坂道に移動して、再びサハギンをやるも、エレメンタルさんが、リンク......。
 最後には、サルに、誤爆攻撃してしまった人がお亡くなりに……。
 時間となり、あえなく解散となりました。


述べ人数で、5人殺しました。
いや、全部事故だけど…orz
すいません、へたれすぎて(;;)
狩場選択ミスったし、移動時間かかりまくりだし。
迷子になるし。。。。
皆さんそれでも、3時間以上お付き合いしてくれて、本当ありがとでした
[PR]
by kyaokyawo | 2004-06-27 16:09 | FFXI
<< 自給自足。 濡れ手に粟。 >>